読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だすとしゅーと

年末にしか更新しないと思います。

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

去年に引き続き10選に参加させていただきます。

去年はギリッギリだったけどこれを描いている現在まだ午前なので今年は大分余裕がある。

 

今年分のまとめはこちらになります。

「話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選」参加サイト一覧: 新米小僧の見習日記

 

 ルール
・2016年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

 

ブブキ・ブランキ
12話「宝島の少年」

脚本:イシイジロウ北島行徳 絵コンテ:笹木信作、小松田大全 演出:久保田雄大

2016年個人的な最大瞬間風速を記録した話数。

正直全てにおいて微妙な作品だと思いながら観ていたが、11話で物語が大きく動き「地球が駄目になるかならないかなんだ、やってみる価値はありますぜ!」という引きだったにも関わらず最終回アバンから唐突に始まった過去編。Aパートまでをまるまる使い今まで視聴者の頭の中にあったはてなマークを全て吹き飛ばす怒涛かつ衝撃的な展開の連続は(これが最終回なのに過去編をやっている場合なのかという心配も含めて)大いに興奮した。

不老不死という能力を持ち全面的に敵対していてたラスボスが本作のヒロインであり、主人公の母親が背負わせた不老不死という呪いから主人公が救い出す物語だという事が明確に示された事でキャラクターと物語の厚みは一気に増し、ほとんど出番のなかった主人公の双子の妹がメタ的に主人公交代を示唆するような台詞を放ち締めくくった最終回によって2期への期待値はストップ高だった。

それにしてもヒロインが主人公の母親と同い年という設定には制作側のカルマを感じる。

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
24話「未来の報酬」

脚本:岡田麿里鴨志田一 絵コンテ:寺岡巌、長井龍雪 演出:大橋誉志光、大久保朋

グレイズ・アイン登場シーンの恐ろしさ、それに尽きる。味方をモブ敵では敵わない強さだと持ち上げたうえで全員瞬殺しコクピットを血で染め上げ登場したガンダムの倍はあろうサイズのMS。阿頼耶識の強さをミカヅキで認識しているし、斧、ドリル、パイルバンカーという近接武装のエゲツなさ、倒したMSからも血に見立てたオイルをぶち撒けるという演出も相まってガンダムを見ていて初めて敵に対して恐怖を抱いた。

 

シュヴァルツェスマーケン 11話

脚本:樋口達人 絵コンテ:高本宣弘 演出:平林拓真

戦術機くんたちが市街地でのゲリラ戦でRPGにボッコボコにされる回がこちら。

幼い頃に離れ離れになり再会するもシュタージの犬に成り下がっていた義妹とのお別れ回。これでヤンデレ妹も最後と言うことで作画にも気合が入っておりハイクオリティなキチ顔を多数提供。最後まで兄に救いを求めた妹と、涙を流し声を震わせ妹を撃ち殺す主人公。遠景で捉えたカットに銃声だけが虚しく響くラストはどんどん仲間を失っていくこの作品を象徴するかのようだった。

 

マクロスΔ
10話「閃光のAXIA」

脚本:根元歳三 絵コンテ:西澤晋、河森正治 演出:ヤマトナオミチ

Aパートで作った死亡フラグ満漢全席をBパートで見事完食。自在に空を飛ぶ二機が生みした美しいドッグファイトとその決着には思わず涙。

10年代ロボットアニメベストバウトのひとつ。

 

クロムクロ
12話「黒部の夏に地獄を見る」

脚本:森田繁 絵コンテ、演出:許琮

ボーイミーツガール、ガールミーツボーイとしての素晴らしい着地を見せた26話にしようかとも思ったがやはりギャグを交えながらひと夏をかけて由希奈の成長を描いたこの回か好きだ。元々所属していた軍人とぽっと出のエースが地獄のような合宿を経て仲間としての距離を縮めるという筋書きはストレートに響くし他の回と比べてもメリハリの効いた回だった。

訓練の一環としてうさぎ跳びノルマも無事クリア。

 

レガリア The Three Sacred Stars
9話「継承」

脚本:小柳啓伍 絵コンテ:大平直樹 演出:相浦和也

山下将仁がシリーズを通して原画・メカ作監に参加するというサプライズ。しかし終わってみれば1話アバンを超える熱量やこの作品だけが持つロボットアニメ的なカタルシスが無かったのは残念。

敵を倒して平穏を取り戻した日常と回想回。本作のギミックとして12歳くらいの女の子と17歳くらいの女の子が契約を結びロボに乗るというものがあるが、どう考えても尺を日常パートに費やした方がいい設定である。そしてついに3組の少女たちが揃い満を持しての日常回を成し遂げた。この回に限らずたまに顔を出すコメディ調の演出や日常パートの方が戦闘シーンよりも見応えのある作品だった。

 

ふらいんぐうぃっち
4話「 桜の中の占い師」

脚本:福田裕子 絵コンテ、演出:倉川英揚

千夏の一挙手一投足すべてが可愛いすぎて見てる間に5回くらい死んだ。今年現実逃避したいなと思った時によく見ていた回。

アニメ全体を通してそうだけど原作は結構引きでの描写が多いので顔アップやアングル変更しているアニメ版はよりキャラクターの魅力が引き出されていたように感じる。

2016年一番可愛いと思ったキャラは?と聞かれると千夏を挙げます。

 

文豪ストレイドッグス
13話「黒の時代」

脚本:榎戸洋司 絵コンテ:五十嵐卓哉 演出:浅井義之

1期は6、7話辺りで切ってしまった文ストだけどとりあえずは見てみた2期1話。冒頭ですぐに俺の知ってる文ストの雰囲気ではないと気づく。織田作視点で綴られるモノローグの後に現れた文豪ストレイドッグスというタイトルには大きな高揚感と期待感があった。一連の黒の時代編があったからこそ2期は最終話まで楽しめたのだと思う。

 

NEW GAME!
4話「初めてのお給料…!」

脚本:永井真吾 絵コンテ、演出:上坪亮樹

コウりん。やっぱり『NEW GAME!』はコウりんなんですよ。

「青葉が楽しそうな顔してるうちは大丈夫、ゲームがつまらなかったらあんな顔しない」ええ上司やないですか。

 

競女!!!!!!!!
1話「瀬戸内競女養成学校!!!!」

脚本:加戸誉夫 絵コンテ:髙橋秀弥 演出:川崎ゆたか

最高の馬鹿漫画なだけにアニメ化が非常に心配だった作品。ただ1話を見てその心配は杞憂だったと安堵した。そもそも原作ではアニメ1話の前に単行本4巻分の入試編があるがこれを大幅にカット。予告でも流れていたパースの効きまくったカットは本当に気持ちが良いしSEが付くことによってバトルはより面白くなった。画面に度々表示される柔らかいフォントの文字も気を張らずに見てくれという制作側のメッセージではなかろうか。アニメ化にあたり1話目で何を足して何を引くかが分かりやすく提示されファンとしては大満足。

 

 

終わりに

ロボットアニメはこの企画では選ばれにくいだろうと思い見たものから選んでみました。マジェプリの25話を見る前に操作ミスで消してしまったのが悔やまれる…

残りを何にするか迷った中で漫画原作は既読の場合最初の数話だけで切ることが多い割りに今年は気に入った作品が多かったので残りを漫画原作に絞りました。

年々漫画を読んだりアニメを見たりしても人と話すことが少なくなりアウトプットする量が減ったせいか作品を読む見るインプットの総量までが減ってきていると実感するのでどうにかしたいなと思っています。

とりあえず来年も漫画を読んでアニメを見たいです。

話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選

どちらかと言うとアニメを見る量より漫画を読む量の方が多いんですが、今年は例年に比べてアニメをよく見ていたなぁと思ったので毎年読んで楽しむだけだったこの企画に参加してみることにしました。

 

参加サイトはこちらでまとめられています。

「話数単位で選ぶ、2015年TVアニメ10選」参加サイト一覧: 新米小僧の見習日記

 ・2015年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

 

 

アルドノア・ゼロ
第13話「眠れる月の少女-This Side of Paradise-」

1クール全12話はこの13話のために存在していたと言っても過言ではない。無敵のテーマに乗せて颯爽と現れる伊奈帆くん。「お前、死んだんじゃ...」という1クール目の展開を嘲笑うかのようにヒーローは当たり前のように駆けつけて仲間のピンチを救うのだ。分かっていても抗えない快感がそこにはある。

 

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
第22話「Necessary」

21話でタスクとモモカがアンジュを逃がすために爆散するという展開は先週まで見ていたラッキークンニが発生する世界と本当に同じ作品なのかと呆然としていたが、22話にて忍者だから爆発しても生きていたタスクと胸に凶弾を受けたけどこれのおかげで助かったと胸元からフライパンを取り出したモモカにはアニメって気楽で楽しいもんなんだという圧倒的な正しさを見せつけられた。

 

SHIROBAKO
第22話「ノアは下着です。」

SHIROBAKOはというかSHIROBAKOもというか、どの話数を選ぶかすごく迷ったけど自分自身も仕事ではここ2年ほどくすぶっているという事もあり、平岡が太郎というベストパートナーに出会えた事が本当に嬉しかったのでこの回にしました。

 

血界戦線
第5話「震撃の血槌」

原作付きのアニメ作品に求めるのは原作再現や単純な完成度の高さではなくオリジナル要素だったりする。アニメオリジナルの要素を加えた上でそれが原作と調和する。そういうアニメを見たいのです。そしてそれを見事にやり遂げたのが『血界戦線』だった。特にアリギュラとハマーのラブコメ回にホワイトとという「女の子」を使ったガールミーツボーイな5話。これは内藤センセの原作ではまずお目にかかれないとてもキュートでな話作りだと思った。原作とオリジナルの配分も見事でテンポもよくBGMもバッチリとこの回でアニメ血界戦線への期待値は大きく膨らんだ。

 

響け!ユーフォニアム
第7話「なきむしサクソフォン

f:id:knes:20151231135851p:plain

『響け!ユーフォニアム』は各話単位で見ても年内ベスト級がひしめき合う作品だった。そんな中選んだ7話はこのカットの水の表現の素晴らしさに一瞬でノックアウトされた。TVアニメでこんな映像を拝めるのかと思うと2015年なんだということを痛感する。もちろん7話自体、その後へと続く導火線でもあり中身も詰まっているけれど、2015年一番記憶に残っているカット。この話数を選ぶ理由はそれだけで十分だ。

 

Classroom☆Crisis
第6話「忸怩たる一族」

これまで隙の無かったナギサがテストで赤点を取るところから始まり、追試を受け、放課後に教室で女子とお喋りして、クラスメートに勉強を教えてもらったりと人生で初めて学生らしい学園生活を送る。その裏では彼の出生や過酷な境遇が取り上げられ霧羽ナギサという人物が少しずづ見えてくる。学生であるがサラリーマンでもあるという今作最大のギミックをうまく使い、上司と部下、後輩と先輩、クラスメートと立場を変えてナギサをフォーカスしあり得たかもしれない学生生活を描いた見事な回。全科目の追試に赤点ギリギリで合格した際の「効果的なリソースの使い方」は積極的に使っていきたいフレーズだ。

 

Charlotte
第13話「これからの記録」

今年最高のハッピーエンドを迎えた作品だったと思う。様々な能力を奪う過程で有宇は治癒能力を手に入れるが、その力を自分に使い再びタイムリープする事はなかった。この選択を入れてくるのは流石。「能力者のいない世界を作るため」と言うが後のシーンを見ると「帰ってくるという友利との約束を守るため」でもあったのがよく分かる。結果として有宇は使命を果たしたが記憶を失う事になった。しかしエピローグでの友利の満面の笑みと有宇の「これからが楽しみだ」という台詞からは今までになかった未来を感じる事が出来た。ここから始まる彼らの新しい物語が楽しみでならない。

 

コンクリート・レボルティオ〜超人幻想~
第7話「空も星も越えていこう」

サブタイトルが非常に良い。コンレボいち愛らしいキャラクターことアースちゃんの大活躍。氷川へきるデザインのお馬鹿かわいい感じがよく出ている一番好きなキャラクター。正義の味方は折れず挫けず間違えず、今日も助けを呼ぶ声を聞き人々の前に(ちょっとオーバーに)現れる。そんなアースちゃんの正しさに民衆は善悪の判断を丸投げする中、何が正しいのかを一人考える青年と魔法使いとの問答がアースちゃんを少し変えた。ロボットだって夢を見たい時がある。といういい感じに締めたかと思いきや予想もしてなかったCパートで大打撃を食らった。時系列をバラバラに描くコンレボならではの引きの強さは見事。

 

蒼穹のファフナー EXODUS
第17話「永訣の火」

アニメで留まることなく5分間も咽び泣き続けたのは初めてでした。EXODUSを通して描かれた「命の使いみち」を体現した話数。ロボットアニメ の限界点を一つ破ったと言ってもいい圧倒的な傑出度。この回について多くを語る必要はない。

 

対魔導学園35試験小隊
第9話「第35酔いどれ小隊」第9.5話「クレイジーサマータイム

物語本編に関しては全く面白くなかったこの作品を最後まで見続けられたのはひとえに掛け合いの楽しさにあった。キャラクターと声優陣の演技がマッチして聴いていて心地よく、このアニメに戦闘シーンとか真面目な話はいらないだろうと思いながら見続けていた。そんなスタッフが満を持して作り上げたのが9話(Aパート)と9.5話(Bパート)。このスタッフで本作をアニメ化する意味を全目に押し出したギャグ重視のサービス回。今までとは比べものにならないテンポの良さで描かれる35小隊の楽しい日常。ひとつも上滑りする事なく笑えるギャグとキャラの掛け合いでひたすらに畳み掛ける。なるほど、声優で見るアニメを選ぶとはこういう事かと初めて理解できた作品だった。

 

 

以上の10選になりました。

これを毎年やれるくらいにはアニメも見ていきたい。

俺マンログ置き場

 漫画読みとして年の瀬というとここ数年はすっかり俺マンにがっぷり四つという感じになっているが、今年で4回目の参加という事もあり、自分用のログとしてこれまでの俺マン投稿作を拾い上げておこうと思う。いちいちログを探しに行くのは正直手間である。

 選考基準は毎年微妙に違うが、基本的なレギュレーションはその年に単行本1巻が発売された作品か、連載開始された作品を選出している。今年からは前年まで選んだ事のある作家は除外している。

 

そも俺マンとはなんぞや?

「俺マンガ大賞」こと「俺マン」は、Twitterユーザーがその年の個人的なベストマンガをハッシュタグ付きで呟いて共有する年末企画。選定基準も参加資格もなし、自分の独断と偏見でこの1年読んだマンガから面白かった作品を選ぶ、超個人的年間ベスト企画。

 

 

#俺マン2012

 

 

#俺マン2013

 

 

 

 

#俺マン2014 

 

 

#俺マン2015